型枠工事

型枠工事とは、簡単に言うと、まだ柔らかいコンクリートを流し込むための
枠を作ることです。

現在鉄筋コンクリート造の建築物は、用途的には官公庁舎、学校などの
公共ビルや、事務所、商店、デパートなどの商業ビルのほか、共同住宅、
工場、病院など多種多様のものがあります。
これらの鉄筋コンクリート造の建築物を躯体を作る、陰の主役とも言える工事です。

型枠は躯体を形成するための鋳型であり、建物の完成時にはまったく
残らない仮設物といわれて軽視されがちですが、建築工事費の比率
からみると、躯体工事の40~45%、全工事費の12~15%を占める
重要な工事です。
しかも、この工事の正確さが、建物のすべてに影響を与えます。
したがって、確かな技術が求められるのです。

大寿工務店では、多くの公共工事を始め、確かな実績を築いています。
 
 


主要工事実績


福岡市外環状道路福大トンネル第4工区工事
福岡市高速鉄道3号線薬院工区 変電所
高速鉄道3号線地下鉄 車両基地
大宰府病院大病棟 改築工事
久留米(13)隊舎 新築工事
筑後川大橋 耐震補強工事
地下鉄3号線室見川 作業所
大橋シティハウス
サンリアン大橋
パークサンリアン博多の森
福岡202号外環状共同溝野多目地区工事